美容と健康の壺

Just another WordPress site

スキンケア 巻き爪

巻き爪の治し方について|自分で巻き爪を矯正する方法

投稿日:2015年9月7日 更新日:


⇒巻き爪の自己ケアと専門医での治し方

巻き爪の治し方が大きく取り上げられるようになってきました。今般のネイルブームもあり、爪に関する話題が大きく取り上げられるようになってきました。

 

ネイリストなどという言葉もきかれるようになってきています。それに伴い、爪に関する悩みを持つ人の存在も取り沙汰されています。巻き爪もその一つであるといわれています。

 

爪が皮膚に食い込むような状態になっており、大きな痛みを伴う場合もあるとされています。

 

基本的には、医師の診断を受け、治療に臨むことが何よりであるといえますが、さまざまな事情により、病院に行きたくないという人にとっては、自分で治すという選択をするしかないといえます。

 

今般のインターネット社会の到来により、自宅にいながらにして、いろいろな情報を入手できるようになってきました。

 

巻き爪矯正についての情報も見ることができます。

 

大変、利便性に富んだ時代になったということができます。早めの対処が有用といわれています。

 

巻き爪は足の第1指(親指)に多く見られますが、巻き爪の原因は遺伝や加齢なども考えられますが、爪の切り方や履いている靴が原因の場合もあります。

 

巻き爪の治し方としては、爪を切る時は爪の端を切りすぎず爪の形を四角く残すように切るようにすることです。

 

また、ハイヒールや幅の狭い靴は爪が圧迫されて巻き爪の原因になってしまいますし、圧迫し続けると巻き爪もどんどんひどくなる可能性もあります。そのため靴選びが重要になります。

 

爪の負担を減らすには、なるべくヒールがなくて足の指が自然な形のままでいられる幅の広い靴を選ぶことが大事です。

 

その他に、最近では通販などでも巻き爪矯正器やテープなど自宅で簡単に巻き爪を治すことができるグッズが多数販売されています。


これらの商品は短時間で矯正できるものから時間をかけてゆっくり矯正していくものまで様々ありますが、自分で治すことが出来ない場合や、傷みや腫れがあるような場合は医療機関でも治療が可能です。


 

巻き爪の自己ケアと専門医での治し方

 

巻き爪とは足の指の爪が皮膚にくい込んでしまう状態の事です。

症状が悪化してしまうと皮膚の炎症や爪の変形が起こり痛みが出ます。そうなると歩行に影響がで出てしまうのでそうなると治療が必要です。
では自分で行える巻き爪の治し方はどういった方法でしょうか。まず大切なのは症状の悪化を防ぐ事です。

それには適切な靴選びと爪先を圧迫しないこと、そして深爪とならないような爪切りが大切です。

また市販で購入できる巻き爪矯正道具もありますが、こちらは正しく使用をしないとかえって巻き爪が強くなってしまうこともあるので注意が必要です。

また自分で行えない時は専門医での治療が必要です。治療方法としては主に手術療法と保存療法とに分けられます。

保存療法は矯正療法とも言われていて、外来通院で行うことが可能です。以前は痛みを伴うと言われていましたが、現在は痛みのない矯正治療もあります。

一般的な治療方法はワイヤーを用いて巻き爪をまっすぐにする方法です。しかし矯正療法に関しては保険が効かないことが多いので、自費となる可能性が高いと言えます。

 

(Visited 48 times, 2 visits today)

-スキンケア, 巻き爪
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

保湿化粧水で乾燥肌対策をしましょう!

保湿化粧水は収れん化粧水とは違い、毛穴を開く役割を担っています。 乾燥した肌にうるおいを与えて、水分をしっかりと閉じ込める為には、保湿化粧水と乳液や美容液、クリームなどの使用が効果的です。 但し美容液 …