毛穴対策

毛穴の引き締めに効果的な方法とは?鼻や顔の毛穴の黒ずみ除去のポイント!

投稿日:

毛穴の詰まりの原因

ニキビやその前段階のコメドや黒ずみは、毛穴が古い角質で塞がれて出入り口が狭くなり皮脂が溜まった状態ですが、毛穴の詰まりはどのようにして起きるのでしょうか?

肌の水分量が低下し、角質が厚くなってしまうと、毛穴が塞がれて毛穴が詰まってしまいます。

つまり必要以上にケアをしすぎて洗顔の回数が多かったり、保湿をしない肌は水分量が下がって乾燥してしまうので、毛穴の詰まりやすくなってしまうのです。

皮脂を取り過ぎるということは、皮脂が不足していると肌が感じてしまいます。

すると皮脂が過剰分泌され、結果的に毛穴の詰まりが起こってしまうのです。

他にもターンオーバーの乱れや、化粧品による毛穴の詰まりや、過度の刺激による毛穴の詰まりもあります。

肌に刺激を与えないように、洗顔時には強くこすらないで、たっぷり泡立てた泡で優しく洗いましょう。

どの原因も、毛穴の詰まりを引き起こすことで、黒ずみやコメドができたりニキビになってしまいます。

しっかりとした毛穴対策をすることが、ニキビ予防にも効果的と言えるでしょう。

オススメはコレ↓

 

毛穴の掃除やケア方法

肌のトラブルを防いだり、解消したりするためには毛穴を清潔にすることが不可欠です。
洗顔の際にはまず、毛穴を開く為に蒸しタオルをあてます。

そして肌を傷つけない為に開いた毛穴を丁寧に優しく洗います。

ここでしっかりと角栓の原因になる皮脂や埃・メイク汚れを洗い、開いた毛穴を綺麗にします。

そして化粧水と乳液をつけた後に、開いた毛穴を今度は引き締める為に収れん性化粧水や、冷やした化粧水などで開いた毛穴をきゅっと引き締めます。

毛穴が開く原因は加齢や皮脂の過剰分泌等があります。

毛穴が詰まってしまうと、毛穴が更に広がって、開いた毛穴が目立ってしまいます。

油分は肌の水分量と密接な関係があります。

保湿をしっかりして、肌に水分を閉じ込めることが、毛穴が開くことを防ぐ重要な役割を果たします。

毛穴が開いたり、肌のトラブルが多いのは、鏡を見るたびにストレスを感じることにも繋がります。

ストレスは美肌の大敵。トラブルを解消して、美肌を保ちましょう。

 

 毛穴の引き締めに効果的な方法

 

開いてしまった毛穴に、皮脂や埃が詰まって黒ずんでしまうと目立ちますよね。

毛穴の引き締めをするにはどうすればいいのでしょうか?

まずは外的なケアから。

収れん性化粧水は毛穴の引き締めをする化粧水です。

勿論保湿化粧水や乳液で、肌の水分を保つことも非常に大切な毛穴の引き締め効果があります。

身体の内側からのケアとしては、毛穴や角質に関係する真皮のコラーゲンに働きかけることにより、肌に弾力とハリが生まれ毛穴の引き締めに繋がります。

勿論皮脂で毛穴が広がってしまうのを防ぐために、こまめに洗顔をすることや、アンチエイジングで紫外線を避け肌の老化をふせぐことも、毛穴の引き締めに繋がる大切な要素です。

たるんだ毛穴が目立つ肌は、やはり老けた印象になってしまいます。
肌のケアをしっかりとして毛穴の引き締めを行いましょう。

化粧水のパッティングで血行を促進したり、 顔の筋肉を鍛えることも大切な毛穴の引き締め効果があります。
若くてみずみずしい肌を保つには毛穴の引き締めが大切です。

 

毛穴パック後のスキンケア

毛穴パックで角栓が取れたあとのケア、どうしてますか?

 

肌にいつもの保湿化粧水を塗っておしまいなんていう方はいませんでしょうか?

それでは開いた毛穴がそのままになってしまい、せっかく毛穴に詰まった角栓が取れても、そこにまた古い角質や皮脂が溜まってしまいます。

しっかりパックをしたとしても意味が無いですよね。

毛穴パックを使った後は、肌に保湿化粧水や乳液をつけた後に収れん性化粧水で毛穴を引き締めましょう。

そしてクリームや美容液でしっかりと蓋をして、毛穴を閉じて肌に水分を閉じ込めます。
また毛穴パックは頻繁に使うと、角栓が取れますがきちんとケアをしないと毛穴がどんどん開いてしまいます。

使用頻度を守り正しく使うことではじめて、肌への負担を抑え毛穴パックの効果を享受することが出来るのです。

最近では以前からあった鼻用だけではなく、おでこやあごなどさまざまなタイプの毛穴パックが発売されています。

どの部位でも肌の負担を考えて使用頻度を守りケアをしっかりとしましょう。

 

 

(Visited 79 times, 1 visits today)

-毛穴対策

Copyright© 美容と健康の壺 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.