美肌

変形性関節症におけるコラーゲンの働き。美容効果との関わりについて。

コラーゲンの効果と言えば、肌の美容に関するものが取り上げられがちであるが、以下に挙げるような医療に関する事例も存在する。

変形性関節症という病気がある。主に加齢による関節負荷の増大で発生し易くなる病気である。

ドイツにおける臨床実験として規定量の投与を患者に2か月間に渡って行い、比較実験を行った所、患者の半数に関節症の改善効果が見られたそうである。

考えても見れば元来、筋肉・骨・軟骨といった人体を支える組織の各所にコラーゲンは存在する。

継続的な摂取により各所の補強に繋がるのであれば、関節症の緩和も納得が行くというものである。

翻って、こうした働きはそのまま、全身の美容にも繋がるのでは無いかと考えられる。

肌のハリや艶といった一般的に指摘される事に留まらず、骨や筋肉の強化・ケアにも繋がるのであれば、姿勢の強化を伴った見た目の良さにも影響するであろう。

特定の食品中にも多く含まれ自然な摂取も可能なコラーゲンだけに、美容・健康に対する全般的な効果を期待される事例が見られた事は、嬉しい事である。



コラーゲンをたっぷりと



身体のために、コラーゲンをたっぷりと摂取したいものです。

人間の身体の40パーセントはタンパク質から構成されていますが、そのタンパク質のうち、約3分の1はコラーゲンで出来ています。

お肌はもちろん、関節部分の軟骨にもたっぷり存在していますし、他にも髪の毛や爪、血管、内臓など、細胞同士がつながっている隙間にも存在して、接着剤の役割を果たしています。

これほど大切な存在なのですが、新陳代謝による造り替えの機能が、年を取るにつれて衰えてきます。

例えば、40歳の時の新陳代謝速度は、17、18歳の頃と比べて約半分以下にまで落ちてしまいます。

当然、新陳代謝の衰えによって不足が生じるので、それを他の方法で補っていくのが理想的です。 

効果的なのが、食品から摂取することです。これはいわゆるゼラチン質の食べ物に、多く含まれています。

豚足や鶏皮、手羽先、軟骨など積極的に食べたいですし、コラーゲンの吸収効率を上げるためにビタミンCと同時に摂取したいものです。


コラーゲンの不足を気をつけたいと思ったわけ



コラーゲンってよく聞くけど最初は美肌によいというイメージしかありませんでした。

しかし、コラーゲンが不足すると爪がもろくなってしまったり、髪のツヤがなくなってしまったり、歯周病や胃炎、動脈硬化など体に様々な支障をきたすようです。

それだけいろいろなところに影響が出るのはなら気をつけたいなと強く思いました。コラーゲンは3本束がらせん状にからまったものになっているそうです。

肌の弾力などを保つためにはこの構造がしっかりとしていないとダメだそうです。

年齢とともに質も低下してしまって産生と分解のバランスが崩れてしまいその構造が保てなくなってしまうので弾力が失われたり、ハリが低下してしまったりするのだそうです。

効率良く吸収させるコツはビタミンCと一緒に摂取することだそうです。気をつけなればいけいないのは糖質のとりすぎこれはよくないそうです。

わたしは甘いモノが大好きなので気をつけようと思いました。糖質カットのものをできるだけ選ぼうと思う。

(Visited 39 times, 1 visits today)