美容と健康の壺

Just another WordPress site

ファンデーション

カバー力のある人気のリキッドファンデーション!化粧直し、下地におすすめの肌に優しいミネラルファンデーション!

投稿日:2015年5月19日 更新日:

 

海の酵素を利用した世界で唯一のスキンケア「メコゾームプレミアムローションプラス」

メコゾームに含まれる海洋複合酵素は、皮膚再生研究の過程において発見された
100%天然由来のスキンケア成分です!!詳細はこちら↓↓


 

ファンデーションといえば、今まではパウダーファンデーションやリキッドファンデーションが主流でした。

これらのファンデーションは綺麗に肌を補正する事ができるのですが、洗顔する時にメイククレンジング剤を使用しなければ、メイク成分を落とす事ができません。

メイククレンジングを行った後に、もう一度洗顔を行う事をダブルクレンジングと言いますが、このダブルクレンジングを行いますと、肌に必要な皮脂まで洗い流してしまい肌の乾燥を招いてしまいます。

このメイククレンジングの手間を省けるファンデーションが、ミネラルファンデーションです。

ミネラルファンデーションとは、ミネラル成分のみで作られたファンデーションで、つけ心地が軽く肌荒れも起こしにくいと、今人気を集めているアイテムです。

ミネラルファンデーションは肌に優しいつけ心地も魅力ですが、メイククレンジング剤を使用しなくても、一般の洗顔料でメイク成分が落ちる事も魅力の一つです。

一般の洗顔料でメイクが落とせるので、ダブルクレンジングによる肌の乾燥を防げるので、乾燥肌の方にお勧めです。

おすすめはこちら↓

◆年齢に合わせて、メイクを変えていますか?
化粧水のあとは、これ1本! 満足度92%新時代ファンデーション♪

ファンデーションの様々な種類

女性は毎日メイクを行う方も多いですが、メイクアップに欠かせない化粧品のひとつにファンデーションがあげられます。

シミやくすみなどの肌の欠点をカバーしたり、より明るく美しい肌色にするためにもとても役立ってくれるものですし、さらに紫外線などの刺激から肌を守るためにも欠かせないものとなっています。

ファンデーションにも多くの種類があり、気軽に付けることができるパウダリータイプ、よりしっとりとした仕上がりを期待するなら、リキッドファンデーションやクリームファンデーションもおすすめです。

より軽いつけ心地を望むならムースタイプを選ぶという方法もあります。

肌が弱い人はファンデーションが負担になってしまう場合もありますが、最近はミネラルファンデーションのような天然素材で肌に優しいものも人気となっています。

選ぶときは自然な色合いであること、薄づきでもカバー力があること、肌が乾燥しにくいこと、崩れにくいことなどさまざまな条件から比較して最適なものを選んでいきたいものです。

 

リキッドファンデーションのメリットとデメリット

 

ひとくちに「ファンデーション」といっても、リキッドタイプのものやパウダータイプのものなど種類は複数あり、用途や肌質に応じて使い分けることが必要です。

ここでは、リキッドファンデーションのメリットとデメリットについて記述します。

リキッドタイプの最大のメリットは、肌との密着度が高いので仕上がりが非常にきれいな点です。

保湿成分やミネラルを配合した商品も多く、肌の水分を奪わないので乾燥肌の人や冬場に最適です。

また、複数の商品を手の甲で混ぜて理想のカラーを作り出したりできるのも大きなポイントです。

 

さらに、しみやそばかすなどのカバー力に優れているのも魅力です。

一方のデメリットは、ファンデーションを塗り広げる際に手が汚れてしまうことで、朝の忙しい時間にはパウダータイプよりも手間がかかります。

また、肌がテカりやすくなるという難点もあるので、化粧直し用にパウダーファンデーションを持ち歩く必要があるのも少し面倒な点であるといえます。

おすすめはこちら↓

◆年齢に合わせて、メイクを変えていますか?
化粧水のあとは、これ1本! 満足度92%新時代ファンデーション♪

ファンデーションに求めるもの

ファンデーションはメイクにおいて重要だ。メイクは肌作りから始まる。メイクがまくいくと自信が持てたり、出かけることが楽しくなる。

まず洗顔後のきれいな肌に化粧水、乳液、美容液などを使って肌を整える。

日焼け止め、化粧下地をしてから、ファンデーションを使う。

肌の状態によって、薄付きでさらっとした肌が良いと思う人もいれば、カバー力を重視し肌の凹凸を隠せるマットな肌が良いと思う人もいる。

それぞれの肌質、肌の状態によってファンデーションを選ぶ。

ファンデーションの種類はパウダーやリキッド、ムースやスプレーのものがある。

使用感やカバー力には差があるので、それぞれ何を重視するかによって使い分ける。カバー力があるのは、リキッドやムースなど、水性のものである。

パウダーはやさしい使い心地で、メイク歴の浅い人も簡単に使うことができる。ファンデーションは毎日使うものである。

使うたびに肌に当てるものなので、皮脂がついてしまう。パフを清潔に保つことが大切だ。

 

パウダーファンデーションについて

メイクはパウダーについてKohGenDoのオンラインショップというのがあります。

 

こちらのオンラインショップでは、5つのラインナップがあるんですよ。

(参考商品)KohGenDoオンラインマイファンスィー・フェイスパウダー[パフ付き]25g価格:5,775円在庫有り上記でご紹介するマイファンスィー・フェイスパウダーについては、保湿成分はヒアルロン酸が配合されていますので、しっとりとやわらかな肌になります。

こちらについては、微粒子パウダーがベースとなった商品であるんですって。

ファンデーションでとと終えた肌にこのマイファンスィーを塗ると、ベルベットのような肌になります。

また、パウダーの付け心地についても軽やかであるんですって。

マイファンスィーフェイスパウダーは、ナチュラルライティング、プレストパウダーがあります。

プレストパウダーなら、気になる肌のくすみをスピーディにリセットしますので、携帯すると便利です。

 

(Visited 318 times, 1 visits today)

-ファンデーション
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

関連記事はありませんでした